バッテリーを長持ちさせる為には!?

充電しながらの使用は厳禁

バッテリーは消耗品ですが、使い方によってその寿命が長くなったり短くなったりします。まず、充電しながら使用するのは確実に避けるようにします。充電によって電気を満たそうとしているにも関わらず、音楽や動画視聴で電気を使ってしまうとバッテリーはパニック状態です。とても負担がかかり、時には火傷しそうなほど熱を帯びる可能性があります。一回充電しながら使用しただけで直ちに故障することはありませんが、続けているとバッテリーが悪くなって早期交換になります。
もし長く使うようであれば事前に100%充電させておくと良いです。電池の減りが早くなってくると余計に充電しながら使いがちになってしまいますが、そうではなくバッテリー交換をしましょう。

不必要に使用してはいけない

iPhoneを使えば使うほどバッテリーの寿命は短くなります。一日に何十時間も触っていたり、音楽を流しているなどすると早い時期にバッテリー交換の必要性が生じてきます。仕事やプライベートでの連絡で使用するのであれば問題ありませんが、検索や動画視聴などはなるべくパソコンを使うなどして負担を分担させたいです。
また、本来であればiPhoneを休ませるべき入浴中にまで使用するのは使い過ぎと言えます。直接水がかからなくても、水蒸気によって次第に消耗するのです。
iPhoneは何かと便利なので、意識しなくても触ってしまいがちですが相手は機械なのだと戒めて操作します。あえて休憩させる時間を作ってあげるとバッテリーもあまり消耗しません。

iphoneの修理を川崎でするととても良いです。特にバッテリー関係の故障には強いスタッフが沢山そろっています。