iPhoneが水没した!まず試してみることは!?

電源ONは御法度。まずはSIMカードを救出しよう

iPhoneのトラブルの中でも特に多い事例の一つが水没です。水没に気づいた時、多くの人が壊れていないか確かめるために電源を入れてしまいますが、実はこれはNG行為。iPhoneの中にまで水が入っていた場合、下手に電源を入れると通電してしまう可能性があるからです。ショートを起こさないためには、まず電源をOFFにし、全体の水気をさっと拭き取る必要があります。
次に推薦されるのはSIMカードを抜き取ることです。SIMカードにはiPhoneを購入した時の契約情報が入っているため、SIMカードにダメージがあると、電話やインターネットの使用に支障をきたすかもしれません。もしも本体が無事でもSIMカードが壊れてしまったら、再発行が必要になります。それを避けるためにも早い段階でSIMカードが濡れていないか確認し、水気があれば優しく拭ってあげましょう。

水気を隈なく取り、自然乾燥させよう

無事にSIMカードを抜き取ったら、全体から隈なく水気を除去していきましょう。SIMトレイやイヤホンジャックなどの細かい部分も、こよりにしたティッシュを使うなどしてできる限り水気を取ってください。ある程度水分が取れたら電源を入れたいところですが、まだ手が届かない箇所が濡れている可能性もあります。ですので、まだ電源は入れず、iPhoneを風通しの良いところに置いて自然乾燥させましょう。フリーザーバッグの中に乾燥剤と一緒に入れる方法もありますが、乾燥剤の中には水気に反応して発火するものもあるので、乾燥剤の注意書きを充分に確認してから行ってください。乾燥させる時間は水没具合にもよりますが、少なくとも1日は触らずに置いておきたいところです。

吉祥寺は都心から電車で直ぐの場所にありiphone修理業者も沢山あるので、iphoneが水没した場合などiphoneの修理を吉祥寺ですると便利です